万引きで大阪市職員逮捕=09年度だけで20人目(時事通信)

 雨具など3点を万引きしたとして、大阪府警北堺署は1日までに、窃盗容疑で大阪市水道局業務主任の男(51)を現行犯逮捕した。市や同署によると、容疑を認め、「家庭の事情でストレスがたまり、いらいらしていた」と話しているという。
 大阪市職員の2009年度の逮捕者はこれで20人となり、うち7人が免職処分となっている。市は「誠に申し訳ない。主任の処分については厳正に対処していく」としている。
 逮捕容疑は3月22日、堺市北区のスポーツ用品店でレインウエアや手袋など3点(計約4万5000円相当)を万引きした疑い。 

【関連ニュース】
三郷市議を万引きで逮捕=埼玉県警
「普通の人」の犯罪防げ=万引き対策で初の会議
徳島商サッカー部員が万引き=10人がスパイクなど、活動停止に
万引き認知件数18%増=被害全件届け出促進で警視庁
万引きで女性を誤認逮捕=容疑の女と酷似、裏付け不十分

アシアナ機オーバーラン、報告は2日後(読売新聞)
派遣型風俗店事務所に3人組、200万円奪う(読売新聞)
<消費生活相談員>配置に格差4.8倍…体制の強化進まず(毎日新聞)
コーヒー豆商標訴訟でエチオピア勝訴=特許庁の審決取り消し−知財高裁(時事通信)
短パン窮屈…男子児童の下腹部触った教諭を懲戒免職(産経新聞)
[PR]
# by q3nehkplte | 2010-04-02 02:02

毒ギョーザ 押収注射器から殺虫剤 会社への私怨による犯行?(産経新聞)

 【北京=川越一】中国製ギョーザ中毒事件で中国の警察当局は27日、毒物を混入したとして拘束したギョーザ製造元、天洋食品の元臨時従業員、呂月庭容疑者(36)の供述に基づいて押収した注射器に有機リン系殺虫剤のメタミドホスが付着していたと日本側に明らかにした。注射器は2本で下水道から見つかったという。

 毒物が混入された同社の製品が日本向けだったことから、一時は日本を狙った組織的な犯行との見方もあったが、当局は「給料や待遇、一部の同僚へ不満を抱いていた」呂容疑者の会社への私怨(しえん)による犯行との見方を強めている。

 拘束した罪名は「危険物質混入罪」で、警察庁幹部が中国側から伝えられた情報として明らかにした。

 容疑者拘束について、27日付の中国紙の多くは国営新華社通信の短い配信記事を掲載するにとどまった。

 国内での批判拡大を警戒する中国当局の意向が働いたとみられるが、インターネット掲示板には「原因は監督力不足、腐敗、貧富の差の拡大などだ」と当局への批判も寄せられた。

 中国外務省の秦剛報道官は「(容疑者拘束は)中国の警察当局が2年余りにわたり、注意深く捜査し続けてきた結果だ」との談話を発表した。

色鮮やかに「女帝」の衣装…卑弥呼、推古、持統(読売新聞)
「党は崩壊寸前」 自民5議員、著書で世代交代要求(産経新聞)
<普天間問題>徳之島への移設に「断固反対」…鹿児島県(毎日新聞)
沖縄の民間ドクターヘリに寄付金 群馬県の菓子メーカー(産経新聞)
米国立墓地で献花=岡田外相(時事通信)
[PR]
# by q3nehkplte | 2010-03-31 00:15

首相、記者会見は「質問者も責任ある」(産経新聞)

【鳩山会見詳報(9)】(26日夜)

【記者会見】

 −−本日は、こういう形でオープンな記者会見を開いていただいたこと、心より感謝申し上げる。まず日本の情報の公開のあり方だが、ソ連がゴルバチョフ政権でペレストロイカ(再建)をやったときに、その第一歩となったのは情報公開、グラスノスチだ。日本のグラスノスチの第一歩になっていただけるよう、各省庁すべての会見がフルオープンになることを期待したい。質問だが、まず、情報の公開のあり方だが、官邸のホームページに動画が配信されており、記者会見の記録がテキストで載っているが、こちらには質問者が明示されていない。ここで社名、氏名を申し上げても問答という形式になっている。今まで開かれてきた金融庁、外務省、内閣府の枝野幸夫行政改革担当相の記者会見で初日に指摘したが、質問者もまた、国民から見れば知るべき対象だろうと思う。どんな社のどんなジャーナリストがどのような質問をして、それに対して大臣がどのように答えたのかも含めて国民はすべて開示され、その情報を得たいと思うので、これらをすべてつまびらかにして、オープンにしていくあり方をしていく考えはあるか

 −−また、もう1点だが、なかなか記者会見を開いていただけないという不満が先ほど一部からあったが、たとえば今後、記者クラブ主催の記者会見ではなく、大臣の、首相の主催による記者会見を別途開かれて、そこにより多くのフリーランスやネットメディア等、今まで既得権を持たず記者会見に参加することができなかったメディアのジャーナリストが参加しやすいような場を作ることはお考えいただけないか

 「ありがとうございます。ロシアのペレストロイカ、グラスノスチになぞらえていただいて、うれしいような、何か、まだそこまでに至っていないのかという思いもあるわけでございますが、でも、ご評価いただいたことは感謝します。私もこの記者会見のオープン化はまだ不十分だと思っています。ご案内の通り、これも満杯になってしまっておるものですから、会場の設営の問題というのもございますが、できる限りですね、さらにオープンに努めてまいりたいと。まず、そのようには思います。そして、そのホームページに関して、おたずねでありました。質問者とそれに対する答え、だれが答えているかも含めてでございますが、検討させてもらいたい。むしろ当然、これは質問者も名前を隠せと言っているわけではないと思っておるものですから、そして質問される方もそれなりの責任というものもあろうかと思います。したがって、基本的にこれも、氏名を公表すべきものだと、そのようにも基本的には考えております。私としての、それは意見として申し上げておきます。したがって、できればそのようにしていきたいと考えております」

 「それから、もう1つ、記者クラブ主催の記者会見ではなくて、さらにオープンな形で、私が主催する記者会見も行えということでございます。私の例の政治資金のことに関しては、私が主催して記者会見を開いたという、あまりここで言いたくもなかったかもしれませんが、そういう、自分で開いているということもございますが、さらによりオープンに、これは記者クラブとも、先ほどお話がありましたので、しっかりと協議をしなければいけない話だと思っておりますが、より広く情報公開を求める国民のみなさんの声にこたえてまいりたいと思っておりますので、より多く開くという意味においても、主催者というものが、私で開かれるというものがもっと多くできるのかどうか。できるようにしてまいりたいと思っておりますが、これは記者クラブ制というものがあるものですから、そのクラブ制の中で、しっかりと検討して答えをより積極的に見いだせるようにしてまいりたいと思います」

【関連記事】
首相、参院選勝敗ラインは「考える状況にない」
首相「閣内不一致と言われないようにする」
首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

北教組事件 幹部ら2人起訴 小林議員、離党・辞職を否定(毎日新聞)
交通安全講習 受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け(毎日新聞)
ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい−警視庁(時事通信)
「車中泊」で節約旅、シルバー世代に広がる(読売新聞)
普天間 民主・喜納氏「県内なら総辞職を」 首相なお県外に意欲(産経新聞)
[PR]
# by q3nehkplte | 2010-03-27 20:16

首相、夫婦別姓法案で閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は20日、鳩山由紀夫首相と17日に会った際、選択的夫婦別姓制度を導入するための民法改正案について、国民新党が国会で反対することを容認する代わりに亀井氏自身は閣僚として閣議決定に応じるよう求められたことを明らかにした。亀井氏は拒否したという。首相は、自民党にも一部、法案に賛成する議員がいることから、政府が提出すれば国民新党が反対に回っても成立すると判断したとみられる。

 東京・有明で開かれた「夫婦別姓に反対し家族の絆(きずな)を守る国民大会」(呼びかけ人・ジャーナリストの桜井よしこ氏ら)で、亀井氏が語った。

 それによると首相は17日、亀井氏に「国会に出すだけ出させてください。国民新党は反対してもかまいません」と持ちかけたという。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相や千葉景子法相からも法案提出を認めるよう再三要請されていることも明かした。

 その上で、亀井氏は「孤立無援の戦いになろうとも、秋の臨時国会でこの法案が成立しないためにも死力を尽くしてがんばり抜く」と強調した。

 集会には約5100人が参加し、民主党から吉田公一、長尾敬両衆院議員も出席した。自民党からは下村博文元官房副長官のほか衛藤晟一(せいいち)、山谷えり子、有村治子の3参院議員が出席。無所属の平沼赳夫元経済産業相も駆けつけた。吉田氏は「体を張って頑張って日本の伝統を守る」と法案反対を表明した。民主党議員が公の場で反対の立場を明確にするのは異例だ。

 集会では252万人の国会請願署名が集まったことが報告され、各党・会派の代表に署名簿が手渡された。夫婦別姓に反対する地方議会での議決を求める運動方針も確認した。

【関連記事】
夫婦別姓は家族崩壊をもたらす
千葉法相、夫婦別姓の今国会提出に改めて意欲
選択的夫婦別姓で民主紛糾 性急な法案提出に慎重意見も
亀井氏、夫婦別姓に改めて反対「家庭に悪影響」
個人の自由?家族解体? 選択的夫婦別姓、議論沸騰
20年後、日本はありますか?

山手線外回り、運転再開=JR東(時事通信)
<日米密約>衆院委で参考人質疑「文書リスト引き継いだ」(毎日新聞)
両親口論、長女刺され死亡=母も負傷、海上に父の遺体−大分(時事通信)
看護師以外の医療スタッフの役割も拡大へ(医療介護CBニュース)
来年度診療報酬改定で説明会―全日病(医療介護CBニュース)
[PR]
# by q3nehkplte | 2010-03-26 13:37

<百五銀行>ATM一時使用不能に(毎日新聞)

 19日午前9時40分ごろ、百五銀行(本店・津市)でシステム障害が起き、営業店舗のATM(現金自動受払機)などすべての端末機が使えなくなった。

 同行広報IR課によると、障害が起きたのは三重、愛知、和歌山県などにある計125店舗のATMと窓口端末。ショッピングセンターなど店外180カ所に設置しているATMも現金の引き出しや入金、振り込みができなくなった。午前11時過ぎから徐々に復旧し、正午ごろまでにほとんどのATMが使用できるようになったという。【田中功一】

【関連ニュース】
野村総合研究所システムエンジニア・八代夕紀子さん

<野焼き3人死亡>安全性は感覚で判断 4団体代表が会見(毎日新聞)
カルト対策で連携強化=78大学が情報交換−入学シーズンは要注意(時事通信)
同意人事、決定手続き見直しを=社民党首(時事通信)
<シクラメン>「多弁咲き」開発…産業技術総合研など(毎日新聞)
<訃報>徳田尚久さん76歳=元五洋建設専務(毎日新聞)
[PR]
# by q3nehkplte | 2010-03-24 09:27